「できる研究者の論文生産術」

書くという行為は特別なことではない

普通の人としての文章を書いて欲しい


書かない言い訳をしない

書く時間はあらかじめ割り振っておくもの

→まとまった時間が取れない、は言い訳にならない

→定期的に書く時間を確保する方が大事

→執筆時間は断固として死守する

→一気書き(binge writing)は非生産的

→かけないことに悩む時間の方が長くなるから。


「もう少し調べないと」

→執筆に必要な作業は執筆時間中にやる

→書くというプロジェクトを遂行する上で必要な作業は、全て執筆作業だ、と考える

→書く時間を見つけられない人が、必要な情報を全て入手し、読む時間を見つけるはずができるはずもない


「気分が乗ってくれない」

「神様が降りてこない」

→現に書けていない人が、書けないでしょ


「書くことにおいては、インスピレーションではなくルーティンこそが良き友」


第3章

明確な目標がないと、行動というのは散漫になり、方向性を欠いてしまう。


「目標を立てる作業も、執筆プロセスの一環」

→執筆時間帯をまるまる1回、目標の整理や明確化に当てるというのも良い考え

→続いて、目標項目の列挙


次に、作ったリストに優先順位をつける

1.校正刷りや入稿用原稿のチェック

2.締め切りのある事項を終わらせる

3.原稿を修正して雑誌に再投稿する


「進行状況を管理する」

・自己観察だけで、所望の行動が誘導される。

→執筆の進み具合を記録していると、目標を上手に立てられるようになる。目標を立てるだけの明確なデータが集まってくる

例→毎日の書いた文字数を記録する

→自分の執筆をデータマイニングする


執筆スケジュールは、ルーチンと習慣という恐るべき力をコントロールすることで作動する。


スランプも、書かないという行為以外の何物でもない。単に、書いていないから書けていないだけ。その治療は、書くことしかありえない。


望みは控えめに、こなす量は多目に

・書きたいという気持ちになるまで待たないこと

・書きたいと思う必要すらない

「何をしたいのかを決め、それをやると決め、そしてやる」ウィリアム・ジンガー


まだ書かれていないステキな事柄に思いをめぐらせるのは本当に楽しい。この楽しみは終わりがないから」

「そうやって考えたことのいくつかを、僕はかならず書くんだ」byサローヤン

| 日々記録 | 22:24 | comments(0) | - | - |

むきー!ってなった

久しぶりに携帯投げたいくらい悔しいことがあった。
あ、仕事のことです。

クライアントのオーダーを汲み取れなかった上に、手一杯であっぷあっぷだったわたしがいけないんですけどね、、、くっそ。何にも考えないでやれてた時の方が、いい作品作れてたのに。下手に数字を出しちゃうと「アレに近づけるにはどうしたらいいか」と考えてしまう。

近づけるには、って考える時点で、決して超えられないから、毎日新しい作品を作ってやる、そして昨日の自分を超えてやる、って思って格闘するしかなさそーだ。

うーむ、やっとコンクールが終わってゆっくりできると思ったのに、流れはそれを許してくれないようだ。であれば、流れには乗っかるのみ。抗わずに。
| 日々記録 | 01:07 | comments(0) | - | - |

経験上

経験上、思ってしまうことは仕方ない。でも、目の前にあることは、その時と一緒ですか?
| 日々記録 | 12:19 | comments(0) | - | - |

自分基準か他人基準か

自分基準で浮かんでくる言葉は、自分の中だけで消化できる。
他人基準で浮かんでくる言葉は、自分の外に出して誰かに承認してもらわないと収まらない。その違いに気付けただけでも大きいよね。
| 日々記録 | 20:19 | comments(0) | - | - |

夜風に吹かれながら

自分の中から湧いてきた言葉さえも受け止められるスペースがなかったんだなあー!何をそんなに急いてたり焦ってたんだろう?と疑問に思えるいまがあるなら、いまはそうじゃないってことだからいっかー(OvO)
| 日々記録 | 21:01 | comments(0) | - | - |

かたごしに

傘越しに見上げた桜とハクモクレン
最初で最後のお花見の夜


同じ道、だとしても、道幅が広いところであれば、また会うことはない。
未来のことは、未来が現在になったときに考えよう。
| 日々記録 | 00:50 | comments(0) | - | - |

書くこと

好きなことを”好きなタイミングで”書くことは、湧き上がってきた言葉を掬いあげること。
なので、わたしにとっては何の苦労もない。

どちらかというと、頭の中のモヤモヤを外部に出力することで、よりクリアーになる。楽になる。

でも、それってつまり、自分のためだけに書いてる、ってことでして。

 

自分のためだけに、ではなく、外に向けて伝えたいこと、を、久しぶりに書きました。

いっぱいアカを入れてもらって、陽の目をみました。

 

やれることを、身の丈身の幅にあった程度で。これはアラフォーが近づくにつれて、本当に思うこと。

無理がきかないわけではないけど、元気の前借りをするとツケも強いので、今後もマイペースに。

| 日々記録 | 22:17 | comments(0) | - | - |

地下鉄にて。

”おおー!わかちゃん、元気かー!”と、春先にびすたーりでお会いして以来の、前職場でめっちゃくちゃお世話になった方に地下鉄で偶然お会いできた。いまは関東方面在住、仙台にお戻りになったタイミングの、しかも地下鉄のホームで。

あたまぽんぽんされて、こっそり涙ぐむ帰り道。
もう離れて4年も経つのに、それでも、わかちゃん、って、声をかけてもらえる嬉しさ。
| 日々記録 | 20:55 | comments(0) | - | - |

けさのゆめ20150122

玄関から出たあとに”あ。これから荷物(普段使ってるDEVICEのドラムバック)いらないじゃん、と置いていく

かえりの地下道(どこかは不明。イメージは池袋のweロード)を、散歩されてる犬に負けないように走りながら、”あ。わたしカバン置いてきた”と気づく

家(いまの住まい)に近い信号から、窓を見ると、部屋の中の物が動いたり倒れて行くのがみえる(現実はそんな距離に信号はない

いまの住まい前に到着すると、階段から、わたしのドラムバックを持っておりてくる人をみつける

起床




※2015.11.04 iPhone5のメモから
| 日々記録 | 08:25 | comments(0) | - | - |

20130204Tweet■

この時期にこんちくしょー、なんだけども、激しく頭痛。
インフルじゃないことだけを祈って出勤。
具合悪くなったら粘らずに早退しよう。
posted at 08:32:37


日本でPV観てる方と、アメリカでテレビ観てる方と、
スーパーボウルの実況が面白いっ!
posted at 12:38:11


インフルの検査だー。はなぐりぐりされるーやだー!
posted at 16:09:52


鼻管狭窄の治療よりは楽だった。あれしんどかったなー。
ステンレスの管を鼻からいれて、耳管に向けて薬噴射…
posted at 16:12:03


はい、インフル陰性ー。気管苦しいけど呼吸音はきれい。
ということで、風邪?みたいな診断(笑)
明日あさってちゃんと出るためにも、帰ってゆっくり寝ます。昨日も寝てたけど。
posted at 16:26:11


布団に入っても眠れない。さっきでんわもらって泣きそうになった。
だいじょぶそうでも、やっぱり体調崩すと弱るのよね。
実家にいた時のことを思い出して、オカーサンアリガトーと半泣きになった、
きょうは、一人暮らしを再開して、まる一年。
posted at 21:51:34

| 日々記録 | 23:57 | comments(0) | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Categories
Archives
Recent comment
Recommend
Heat Tag
Links