<< Echofon Proの不具合(2017.12.11追記あり) | main | 眠れないから書いておく >>

MRIとヒートテック

過日、MRIに入りました。頭痛と吐き気が酷くて。

脳や血管には問題なく偏頭痛と診断され、鎮痛剤を2種類処方されて終了。

 

その時に「MRIはヒートテックNG」ということを知ったので、書き残しておく。

 

ちょうど検査の時にヒートテックを着ていて

「あ。そのカットソー、ヒートテックですよね?でしたら検査着に着替えてください」と技師さんに指示され着替えました。MRI初心者なもので(ベテランにはできればなりたくない)なんでヒートテックだめなのかなーと疑問に思っていたので調べました。

 

 

そもそもヒートテックがなんなのか、がよくわかっていなかったので調べる。

吸湿発熱繊維」(Wikipedia)〜 "汗などの水分を吸収して発熱する繊維" 〜

 

&MRI検査時の注意点を、わかりやすくまとめた病院のコラムがあったので引用。

防寒対策はMRIの大敵?!」(横浜市脳卒中・神経脊髄センター)

<以下引用>

〜MRI検査は、強い磁場とRF波という高周波の電磁波を使って体の断面像を得る検査です。

〜人体にRF波を当てると、電子レンジと同じ原理で体が多少温かくなります。

しかし、保温性素材の衣類を身に着けていると、その保温効果のためか体が熱く感じることがあるようです。
また、ものによっては金属性の物質が繊維に編みこまれている場合もあり、やけどする可能性も否定できません。

これらの理由から、MRI検査の際には検査着への着替えをお願いしています。〜

<以上引用>

 

普段よりも身体が発熱するから熱く感じることもあるし、金属製物質が編み込まれていると火傷する可能性もあるから、ってことのようです。

| 行動諸諸 | 15:39 | comments(0) | - | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Categories
Archives
Recent comment
Recommend
Heat Tag
Trackingcode-Trial
GA
Links